上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://d.hatena.ne.jp/banana-cat/20071210/1197295427
ロリータハッピーウィングな日々」さん

シュリンクの話。
とりあえずコレについて大正解の答えがホントにあるのだろうか
と、俺は思う。あくまで俺の一部の考えを書いておく。

書店の本にはだいたいシュリンク(本を保護するような袋)が掛かってます。
主にコミックがその対象ですが、
理由としてはコミックは小さい子供から年齢のいった
幅広い層のお客様が読むものなので保護の対象になってしまうからだと思いますが。
その逆に、小説、新書なんかはシュリンクしてない所が多いですし。

まぁコミックは絵柄だけで決める人もいるから中を読んですぐ買うのを辞める
って人もいるからっていう理由もあると思いますけどね。
活字だとストーリーが何より重視されるので少し読んだだけじゃ分からないし。

でまぁ、そんな理由からシュリンクはした方が売上げが上がる、変わらない
という話はどこの書店でもあると思う。

実際どうなんだろうか。
仮にシュリンクをして売上げがあがったとしても、
そのシュリンクした際のコストがどれくら掛かるのだろうか。

人件費、シュリンク袋代、シュリンクマシンの電気代などなど
シュリンクすることによって発生するコスト。

これがシュリンクすることによって元をとるのはもちろん
それを超える利益ってちゃんと返ってくるのか?

逆に、シュリンクする時間をなくして、
さっさと品出しの時間に使って、
早くお客様の目に止まらせたり、

追加発注の時間に使ったほうが、
より売上げに繋がる可能性があるんじゃないか?
とか思ったりすることも俺の中ではあります。
追加を早くして売上げあげればその後の配本にも影響しますし。

シュリンクしないと汚いっていうイメージもありますが、
実際、活字本だとしてない所が多いし、
例えば服屋なんかでも全部が袋の中に入ってるわけじゃないですよね?
特にジャンパーとか上着って普通に売り場の物を試着してますよね?
あとは、そうですねぇ、ぬいぐるみとか?
商品がそのまんま保護されずに置いてありお客様に触られ放題。

これは気にならないのか?
これはこういう物だからって思ってるからですよね?
だったらコミックだってシュリンクしなくてもいいですよね?

ようはコミックをシュリンクしている所が多くなってるがゆえの意識が
働いて、シュリンクしてないコミックは駄目って思う人もいると思う。
まぁ実際汚くなることもありますけどね(汗)

だから全国の書店でシュリンクを一切しなくするっていうのはどうでしょう。
シュリンクするコストが一切なくなりますし、仕事が格段に速くなります。
お客様もどこでかっても状態が同じと認識するのでいいことだと思うのですが。
という夢を見ながらいつもシュリンクしてます(笑)
スポンサーサイト
http://www.animate.co.jp/pointcard/keihin.html
関連:角川書店:いいなり!あいぶれーしょん

・・・っえ?
「いいなり!あいぶれーしょん」ってそんなに人気だったのか?
単なるネタ漫画だと思ったんですけど、専門店だと売れてるんですかね。

だとすると、今後の景品で期待できるのは、
同じ系統の「ロリコンフェニックス」とか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。